車を売るときは車検が残っている期間は重要?

残っている期間によっても異なりますが、車検は自動車査定の金額に影響を与えます。

 

当然ですが車検切れの車よりも車検が残っている方が有利です。
しかしながら、車検の残りも1年残っていないようだと査定価格アップをそれほど期待できません。

 

 

 

車検の残りが少ないと査定金額も高くないからといって、売る前に車検をしようとは考えない方が良いでしょう。

 

 

 

一般的に車検費用と査定アップされる金額では、車検費用の方が高く付くことがほとんどだからです。単純に考えても、自動車を買いたい人がたくさんいる時期の方が、売却側にとっても高値取引のチャンスと言えるでしょう。

 

需要の高まりと同時に供給も多くなければいけませんから、それにつられて買取価格も上昇していきます。俗に決算月と呼ばれる3月と9月は通常よりもお店は車の販売に力を入れてきますから、見積額の交渉も上手く行くことが多いと言えるでしょう。

 

決算月であることに加えて、9月は夏のボーナスが出ている状況で車を購入する人が多くなりますから売却にも有利な時期です。

 

 

 

車を査定してもらうときには車検証だけあれば良いのですが、現実にその車を売却する際には何点か書類を用意することになります。普通自動車を売るのだったら車検証に加えて自賠責保険証や納税証明書、リサイクル券、その他に実印や印鑑証明書を用意しなくてはなりません。万が一納税証明書を紛失してしまった時には、売却する車が軽か普通自動車かで再発行をお願いするところは異なってきます。

 

 

 

売却する車が普通自動車ならば都道府県の税事務所で、軽自動車の場合には役所の窓口に行って再発行を依頼するようにしましょう。自動車税というものは、車の所有車に対して一年分の請求が来ます。

 

 

 

そして毎年4月1日の時点での所有車に対してかかってきます。
一年分が請求されると言っても、車を手放す際には、払った税金の残りがプラスに査定されますから、必要以上に税金を払ってしまう心配はないのです。でも、自動車重量税は査定に加算されることはなく、廃車にでもしない限り還付されるようなことはありません。

 

 

還付制度がないと言っても、税金支払いの期間が残っている場合、その金額をプラス査定してくれるケースもあるのです。

 

この点に関しては自動車買取会社と交渉することでプラス査定に持っていける可能性があります。中古車買取店に車を査定してもらいたい場合は、自分で業者に車を乗り付けていくか、さもなくば業者にこちらに来てもらうかの二つの選択肢があります。車を売ることが近所には知れてしまうかもしれませんが、それでも良ければ高額査定になりやすいという点で出張査定はおすすめです。休日に買取店を車で回るとしたらせいぜい3店位ですが、出張だと同時に複数の業者から査定を受けることができるので、査定士もここが正念場とばかり上限価格を提示してきます。そのおかげで普通に売るよりも高い値段で買い取ってもらえるからです。